筋肉痛を減らす方法、いくつかあります

私がおこなっている筋肉痛がほとんどおきない方法をご紹介します。

ウエイトトレーニング

[check] 1つの方法は、BCAA(分岐鎖アミノ酸)の錠剤を身体を動かした後に摂取します。

[check] 多めに使った身体の筋肉の部分を少し長めにストレッチ。

[check] 【第3類医薬品】メンタームQ軟膏N 430g 近江兄弟社という塗り薬があります。整骨院・接骨院と言われる治療院では使っているところが多いです。関節痛や筋肉痛には効果が感じられます。

[check] 「Karada Earth」という鉱物の作用で細胞が反応するという商品も、関節痛や筋肉痛には効果が感じられます。

簡単な方法ですが、筋肉痛になるくらいの運動を行って、この方法をおこなうと、かなりの効果を実感できています。

画像の説明

運動などで一定以上の負荷が筋肉にかかると、少し筋肉の組織が壊れて、それが修復されると太く、パワーの出る筋肉に変化します。その過程で筋肉痛がおこります。

筋肉(細胞)は【たんぱく質→《体内で分解》→アミノ酸】をメインの材料としている

画像の説明

ということから、運動の前後でたんぱく質を多く含む食事をおこなうと、筋肉痛に効果があるのですが、都合よく食事ができない場合もあります。

そこで手軽なのが、ajinomoto社から発売されている
「amino VITAL タブレットSPORTS」という商品で、そのまま噛んで食べられます。私は後味が好みじゃないので少し砕いて、水で流し込みます。

飲み方には(1回4~6粒程度を、1日1~3回を目安にそのまま噛んでお召し上がりください。)と書いてありますが、私の場合は1回1~2粒でも効果を感じることができます。

その方の運動量・負荷の強弱でも使用量での効き目は違ってくるかもしれません。

アミノ酸タブレット

BCAA(分岐鎖アミノ酸)の栄養補助食品で通販サイトから購入して利用しております。