からだの関節

画像の説明

「ズバリ健康より」 手足と脊椎の構造とはたらき

関節

骨と骨とは連結して関節を形成していますが、その連結のしかたには、ほとんど動かないものから、たいへんよく動くものまでさまざまです。
 しかし、われわれが俗に関節といっているのは、よく動く関節のことで、これはあとに述べる滑膜に包まれているので、滑膜関節といいます。
 関節の2つの骨が相対している骨の表面は、軟骨におおわれていて、きわめて平滑で、そのうえ弾力性があります。対向する骨は関節包(図の黒い部分)で連結しています。関節包の外側は丈夫な結合組織でできており、内側はやわらかで多少のひだのある滑膜からできています。
 滑膜からは滑液が分泌されて内面をうるおし、関節面相互の摩擦を軽減しています。これは機械でいえば潤滑油[じゅんかつゆ]に当たるものですが、さらに大切なことは、関節軟骨の栄養は、主として滑膜から分泌される滑液から供給されていることです。
 関節包だけでは結合が不十分な場合には靭帯[じんたい](ひもや帯のような組織)や筋肉などがこれを補強しています。
 膝関節では、靭帯に加えて関節面の間に、クッションとなる半月と呼ばれる軟骨組織が介在しています。顎関節[がくかんせつ]その他いくつかの関節にも、このようなクッションとなる軟骨組織(関節円板。ひざでは半月といいます)が入っています。

画像の説明