からだの骨格

スケルトン画像

「ズバリ健康より」 手足と脊椎の構造とはたらき

骨格

 人体の骨格は、200あまりの骨が連結されてできています。個々の骨は細長いかたち(長管骨)や扁平[へんぺい]なかたち(扁平骨)をしていますが、はたらきのうえで本質的な差があるわけではありません。
 どの骨も1つの骨をとってみますと、外側から順に骨膜[こつまく]と骨皮質[こつひしつ]と骨髄[こつずい]に区別することができます。
 骨の中は空洞ではなく、海綿[かいめん]のようなこまかな骨(骨梁[こつりょう])構造があり、できるだけ少ない素材で、できるだけ強い外力に耐えられるようになっています。海綿骨を除いた骨髄は血液をつくるところです。
 骨膜は骨の表面を包んでいる膜で、骨の栄養をつかさどるとともに、骨が折れたときには、新しく骨をつくるはたらきをします。
 骨梁表面の細胞も骨をつくるはたらきをもっています。
 骨端線[こつたんせん]は軟骨でできており、子どもの骨が成長するのは、この部分の軟骨細胞が増殖して、骨になっていくためで、成人になれば骨端線は閉じて成長は停止します。
 結局、骨格のはたらきとは、からだを支持し、造血機能をいとなみ、脳や脊髄など外力に弱い部分を保護することであり、また、からだのカルシウムの99%を貯蔵し、カルシウム代謝にも重要な役割を果たしています。
 全身の骨には、それぞれ名前がついていますが、これらの関係については、人体図で理解してください。

画像の説明