水素水を安く自作して試してみる

画像の説明

最近話題の水素水ですが、1回・2回飲んだだけでは効果が
感じられず最低でも、1ヶ月は毎日摂取することで、
変化を体感できるそうです。

しかし、コンビニやスーパー等でペットボトルや専用容器で
売られている商品を見てみると、1本150円~250円で、
30日分だと4500円~7500円もの出費でちょっと試したい
と思っても考えてしまいます。

circle,水素水イメージ画像

そこで調べてみると、水にマグネシウムの金属を入れると、
水素水が自分で作れるというのを知り、自分でも試して
みることにしました。(500ml1本で換算、47円/1ヶ月)
(1年使うと365本作れたとして4円/1本換算)

こちらで「水素水自作キット」購入できます


純マグネシウムを使用して水素水ができるか実験!

1.空のペットボトルを用意して、きれいにすすぎます。
  (350ml~500ml)

2.ペットボトルに水を満たします。

3.水で満たされたペットボトルに純マグネシウム板を投入
画像の説明

4.水素水が出来たかを判定する為にPH計を準備
  計測器の正確性を出すために「校正」をおこないます。
PH計の校正画像

5.ペットボトル(500ml)にマグネシウム板1枚を投入後
  約5時間後 PH7.8→PH9.0
  約20時間後 PH7.8→PH9.7
水素水計測画像1

6.ペットボトル(500ml)にマグネシウム板1枚を投入で
  約20時間入れて造った水素水でマグネシウムを取り出し、
  その後90分経過 PH9.7→PH9.6 (飲んでいない状態)
  その後180分経過 PH9.7→PH9.6 (飲んでいない状態)
 この方法で造った水素水はペットボトルでも水素の減少率がわずかです
水素計測画像2

7.日を改めて、ペットボトル(350ml)にマグネシウム板1枚を投入
  約24時間後 PH7.9→PH9.8
水素水計測画像3
  約24時間後→48時間後 PH9.8→PH10.4
水素水計測画像4

8.日を改めて、ペットボトル(500ml)にマグネシウム板2枚を投入
 約24時間後 PH7.9→PH10.3
水素水計測画像5

9.純マグネシウムで水素水を造ると表面に酸化皮膜が付きます。
  酸化皮膜の厚さは、数ミクロンと言われています。
  現在はミクロンの単位は使われていません。
  1μm(マイクロメートル)=1ミクロン
  1μm(マイクロメートル)=0.001mm(ミリ)

純マグネシウム酸化皮膜比較の画像

10.他のネット上で、マグネシウムに付着した酸化皮膜を除去
   するには「酸性にした水に少し入れるとよい」みたいに書いて
   あったので、水道水(約400ml)に穀物酢(20ml)を入れて、PH3.3の
   水にマグネシウムを投入したところ、かなり気泡が出て反応する
   のですが、それほど綺麗にならず、イマイチの結果でした。
マグネシウムを酢水に投入の画像


11.別の日に改めて酸性にした水(PH4.3)にて行ってみました。
  【水道水(約150ml)に穀物酢(約8ml)今回は分量、ちょっとアバウトです】
  最初は磨いてあるマグネシウムを使い、約1日水素水を造り終えたモノを
  投入!約3分位、酸性水につけておきました。まずまずきれいになりました。
  これを3日間繰り返すと、まだらで綺麗にならなくなりました。
マグネシウム酸化皮膜画像
  場合によっては、水素水を造っている時に、マグネシウムの反応が一部分で
  強く出てしまうと下の画像のように、酸化マグネシウムがたくさんできて
  しまうことがあります。
lightbox2,画像の説明
12.マグネシウムの酸化皮膜は紙やすりで擦って落とすのが、
   一番簡単で早いと思いました。水素水の作成で、
   2~3回に一度は付属の紙やすりで磨くといいです。
   ↓一番下に説明動画あり。

13.マグネシウムリボンを使っての実験
lightbox2,画像の説明
画像を押すと拡大↑

ペットボトルにマグネシウムリボンを入れて水素水を造ると
取り出しにくかったです。

lightbox2,画像の説明
画像を押すと拡大↑

lightbox2,画像の説明
画像を押すと拡大↑

酸性水につけるとマグネシウムが激しく反応して水素の泡が出る
この作用で酸化皮膜をとばすのですが、時間が長いとマグネシウムがどんどん
酸化マグネシウムに変化するので、マグネシウムがなくなっていきます。
lightbox2,画像の説明
画像を押すと拡大↑

画像の説明

純マグネシウムで水素水を造る実験、まとめ

[check] 計測器を使っての観測では純マグネシウムで水素水を造ることができている。

[check] ネット上ではペットボトルでは水素が逃げるなど書かれているが、マグネシウムから造った水素水は数値を見ても、蓋をしていればさほど減っている感じはしない。

[check] 水素水が出来上がり、マグネシウムを取り出して、少しずつ飲んでいても、徐々に数値は下がるが、急に全部水素が抜けてしまうことはないようである。

[check] 水(H2O)の酸素(O)がマグネシウム(Mg)と結合し(MgO)となり、残ったのが水素(H×2)で、水中に含まれることになる。ネット上では酸化マグネシウム(MgO)を心配する記述もあるが、マグネシウム板の表面に数ミクロン膜をはる感じで間単に水中には混ざりません。飲む前に取り出してしまいますし。

[check] 水素水を造るのは、少し手間がかかる。

[check] 圧倒的に安く水素水を造れるので、節約したい人にはおすすめである。


画像の説明

私が2年弱、純マグネシウムから作った水素水を飲んだ感想

私が一番感じるのは、カゼに一度もかかっていないということです。

2年以上風邪にかかっていません のブログ記事はこちら

水素水を飲む以前にも健康には気をつけていて↓下記の事を実行していました。

[check] ビタミン&ミネラルのサプリメントを規定量の1/2~1/3を毎日摂取。

[check] 愛犬と少しの散歩。

[check] 1日約1個ヨーグルト(70g)の摂取。

[check] なるべく1日1回みそ汁(具はわかめ、豆腐、キャベツが多い)を食す。

[check] 1日1パック納豆を食す。

[check] 夕食時は野菜も食べる。

[check] タバコは吸わない。

[check] お酒は時々、少量で。

[check] 質の良い睡眠をとる。(睡眠に効く器具「カラダアース」を使用)

[check] 外出から帰ったら、手洗い・うがいをする。

身体にいいことは何か1つだけでなく、合わせ業で効果が出る! のブログ記事はこちら

このように、身体に気を使っていても、年に1・2回は喉が痛くなるとか、
咳が少し出るとか、熱を出さないまでも、体調をくずすことがありました。
しかし、小さいカゼもかからなくなったので、免疫力がアップしていると
思われます。

2年以上風邪にかかっていません のブログ記事はこちら

私の家族は水素のサプリメントを愛飲していて↓下記の感想を話していました。

[check] 疲れが取れる

[check] 便通がちょうどいい

[check] 汗の出方が違う(ヨガをやったとき)

[check] むくみがとれるような気がする

[check] お肌がスベスベ

[check] 仕事場が医療現場であるがカゼをひかない

画像の説明

私の水素水に対する結論


「水素水」と「カラダアース」を組み合わせて使うと

かぜの予防にも効果がある!

「カラダアース」自己治癒力向上療法の説明はこちら

こちらで「水素水自作キット」購入できます

水素水自作キットの使用方法の動画↓